このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を扱う職種を目指す

ペット関係の職種を目指す人のために存在する学科は、2年制の「ペットビジネス学科」と4年制の「ペットビジネス総合学科」が存在し、2年制の「ペットビジネス学科」に関しては「ペットグルーミングコース」「ドッグトレーナーコース」「ペット看護コース」「アニマルセラピーコース」「ペットビジネスコース」の5つのコースに別れます。
当専門学校では実習用に40匹以上の犬が飼われており、この前、福島県から4匹の犬が当「東京スクール・オブ・ビジネス」に避難して来ましたね。
そして、当専門学校で学ぶ学生と同じように、ケア・躾が完了した犬は卒業犬として、既に100匹以上を世の中に送り出しましたよ。
校舎内を見学して、当専門学校の校舎の屋上はドッグガーデンとなっており、犬が走り回るためのスペースになっていて、犬にとっても快適な環境が整っています。
実習用の専門教室は多数存在していて、グルーミング・トリミング実習用に「グルーミング実習室」が用意されていて、プロのトリマーと同じレベルの設備および道具を完備していて、どんどん上達する学生が多いようです。
そして、トレーニング実習用に「トレーニング実習室」が用意されていて、障害物競走のような器具があって、犬を訓練する技術を修得します。
そして、医療実習用に「動物看護実習室」が用意されていて、各種医療機器が揃っています。
その他、犬が生活するための部屋も広くとっていましたよ。
この学科のカリキュラムを拝見した所、様々な実習科目・専門科目が組まれていて、実習科目「グルーミング実習」では安全なカット技術を身に付けることを最優先に教えていて、専門科目「動物行動心理学」では動物の習性・本能等をよく学習して、その他「コンピュータ演習」等の一般科目も多く、そして、4年制学科の3年次・4年次はインターンシップに重点が置かれていましたね。
この学科では「トリマー」「トレーナー」「看護終了ライセンス」「アニマル・アシステッドトレーナー」「オールブリードライセンス」等の資格取得を目的としています。
主な就職先はトリマー・ケアスタッフ・ドッグトレーナー・動物看護士等、変わった所ではペット同伴で泊まれるホテルに就職する人もおりましたね。
また、将来的に独立開業する人も数多く、30代で当学科を卒業しましたKさんは、卒業後暫くは関連会社で再び社会人生活を送りましたが、この前ベンチャー企業を起業しましたよ。

学校などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017学校で学べます!役立つビジネススキル.All rights reserved.